前回のつづき

お客様は何故お店に入るのか、又は入らないのか考える(続編)


新規来店が必ずアップする店舗前の作り方!?
先ずは、お客様がお店の前で何を感じて通り過ぎたのか。
又は、何を感じて一歩前に!!!!
踏み出して来店して下さったのか。

~何故、こんなことを考える様になったのか?~
‐端折って説明します。‐
僕も、13年前商売を始めたばかりの時は、一日お客さん1名、店員3名(笑)
何て日もあったりで店内は閑古鳥が鳴きわめき。
従業員に給料払っていくのが精一杯の状態が続きました。

そして、初めて3か月位で何時閉めようかともう現実的にも精神的にもギリギリの状態での経営。
毎日、毎日頭を悩ませ、どうやったらお客さんが入って、どうやったらリピートするのか?
お客さんは何を考えているのか?
を、ずーーーーーーと、ずーーーーーと!考えました。
そこで死ぬ思いをして培ったこの事実をお伝えします。

では、話を戻します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
先ずは、お客様がお店の前で何を感じて通り過ぎたのか。
又は、何を感じて一歩前に!!!!
踏み出して来店して下さったのか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
考えて、考えて、考えて。

自分がお店の前(飲食、エステ、美容院)にいて悩んでいるとしたら。自分が個人のフィットネス、ボクシングジムの前にいたら何考えて悩んでる?
何で入ってこないでジーと看板や外観を見てお店の前に突っ立ってるの?
もう、立ち止まった時点でパチンコで言ったらリーチ(笑)
でも、突っ立ったまま入ってこない。

「何が足りないから入ってこないの?」

イメージして!イメージして!
貴方ならこう考えてませんか?
「美味いのかな?」(飲食)
「上手かな?」(エステ、美容室)
「値段はいくらかな?」(全て)
「予算は足りるかな?」(全て)
「店員さんの態度は良いのかな?(全て)」
「常連さんばかりで入りにくい馴染めないんじゃなかな?」「丁寧にやってくれるかな?」(全て)
「怖くないか?」(ボクシングジム)
「しんどくないかな?」(ボクシングジム、フィットネス)
無数にある『?』

様々な解決しない『?』がお客様の頭の中をぐるぐる駆け巡ります。
ではこの『?』の感情は正体は?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
この感情は『不安』です。
お客さんは『失敗』したくないんです。
ここで来店するには、この感情『不安』を『解消』してあげればいいだけなのです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
完全に解消してあげられなくても出来る限り『解消』してあげる方に向かっていくのです。『美味いのかな』←食べなきゃ分かりません。しかし、感情を揺さぶる写真で『美味そう』に見せる事は出ますよね。
『上手かな』←施術しないと分かりませ。
でも、外観のa看板で施術する人の顔を見せてあげて想いを書いて、どの様に施術に入るかを明確に書いてあげる。
口コミを張っておくのも良いです。
こうして、安心感を与えてあげる事も良いですね。
『値段はいくらかな』←張っておきましょう。
『店員の態度はいいかな』←満面の笑みの笑顔を張ってくのもいいし、どんな思いでお店をしているかを張っておくのも良いでしょう。
『常連さんばかりで入りにくい馴染めないんじゃなかな?』←
うーーーん。
今日から貴方も常連さん!
とか
来た瞬間に馴染めるお店!
とか
何でも良いのでアウェイと感じなくていい物を考える。
『怖くないか?』(ボクシングジム)←トレーナーの満面の笑みの笑顔を張ってくのもいいし、女性会員さんの声なんかも後押ししますよね。
『しんどくないかな?』(ボクシングジム、フィットネス)←これも会員さんの声や実際の写真で「素人からでも全然大丈夫でした。通い始めて5年になります」

上記の解決策は無数にあるので今日は解決策の質は置いておいてください。
大切な事は、これら全て「不安」を「解消」する為にしてあげて下さい。

ファザード、外観の情報は如何に「不安」を「解消」する事を頭に置いて作りこむ事が大切かと言う事なんです。
これを、頭に置いて良いお店作りをするのと、ただ単に良いお店作りをするの全く違う結果になるはずです。