この記事は110秒で読めます。

『良い物を作ればお客様は来る』と言う考えから、少しシフト。

『お客様にとって良いと感じる物は何だろう』に変えていくのが幸せになる経営。

『幸せな職人気質(しょくにんかたぎ)』なんです。

職人気質(しょくにんかたぎ)

職人気質(しょくにんかたぎ)素晴らしいですよね。

匠の技術。

感動する料理。

伝統を守る物づくり。

革新の物づくり

そんな、表現に出会った時なんて嬉しくなってしまいます。

しかし、これには問題があります。

職人さんが商売人だった場合。

所謂、オーナー経営者です。

今日は、どうせなら幸せな職人気質(しょくにんかたぎ)になってもらいたいと思い記事を書きました。

それには。

『良い物を作ればお客様は来る』と言う考えから、少しシフト

『お客様にとって良いと感じる物は何だろう』に変えていくのが幸せになる経営。

『幸せな職人気質(しょくにんかたぎ)』だと言う事をお伝えします。

商売を13年やってきて、コンサル業を開業して理想と現実につまづく経営者が如何に多いかに気づかされます。

美味い物を作れるが売れない。何が悪いのか、どうしたら良いのか。

日々、家とお店の往復で悶々と突破口が見つからない。

『美味しい物を売ってるのに』

『又来るって言ったのに』

 

少し立ち止まって考えてみて下さい。

『美味しいだけで二回目来ますか?』

『又来るって社交辞令かも?』

 

お客様目線に如何に立つかが商売です。(お客様のニーズに気づく)

常に自分の価値観を押し付ける経営ではなく、どう見えているか、

お客様はうまいと感じているだろうか?

居心地が良いと感じるだろうか?

今、自分が店に入った理由は何だったんだろう?

今、悩んだけどお店に入らなかった理由は何だったんだろう?

自分が、実際お客様になった時にも無意識の行動を分析するんです。

 

商売が上手く行っていれば、毎日が楽しい。

愛する人も幸せにしてあげられる。

海外旅行もいける、好きなお家も買える。

スタッフともいい関係でいられる。

美味しい物を売っていれば尚、自分の仕事にプライドが持てる。

逆に、売れなければ。

毎日お客が来ない借金返済が辛い。

些細な事でイライラしてしまい、パートナーと喧嘩になってしまう。

自信喪失。

美味しいはずなのに。

何が悪いのか分からない。

負のスパイラル。迷宮入り。

 

しかし、職人気質

『良い物を作ればお客は来る』と言う考えから、少しシフトし

『お客様にとって良いと感じる物は何だろう』に変えていければ、前者の様に皆を幸せに出来る経営に変わっていける一歩になるんのではないでしょうか。

 

常に客観的目線を持つ事。

客観的目線こそ商売の鉄則。

客観的目線を持ち自分の商品・お店を見る。

他人になりきる事です。目線はドライに心は熱く!

 

皆様の商売繁盛をお祈りしています。

電話相談承ります
プラン1:月2回40分 電話相談/小縣新の人生相談・商売・コンサル・経営
プラン2:回数無制限  電話相談/小縣新の人生相談・商売・コンサル・経営
~こんな方に~
悩みや相談があるが、予算が限られている、地道に勉強してしっかりと結果を出していきたい。毎月、
困りごとや悩み、改善点を伺いアドバイスさせていただきます。
・起業したい
・商売の悩みを抱えている
・人間関係の問題等々

お問合せ

お気軽にお問合せ下さい。