こんにちは、小縣新です。

この、ブログを書きながらいつも、思う事は何処かの、誰かの、何かに役立つ記事でありたいなあ。と思いながら書いています。

そこにおいて

僕と書いた方が、親近感が湧くかなとか。

私と書いた方が、先生っぽくて読んでくれるかな~(笑)とか。

結局、そんな事は殆ど関係ないと言う結論に行きつくのですか、今日は僕で行きましょうかね(笑)

僕は、元プロボクサーであり現在は商売人でもあります。そしてコンサル業と言う人に伝える仕事をやっていますが、

自分の出来ることは何だろ~?

強みは何だろ~?

僕から聞きたい話ってどんな事だろ~?

って考えるんですよね、

やっぱり、僕の商品ってお客様が知っていて、求められる事を商品にして提供する事これに尽きるんですよね。

『お客様目線』

しかし、誰がお客様かと言う事で全く違う。

企業の社長さんなら僕の経歴をみて、ボクサーの目標設定の方法(減量や試合までのプロセス)

挫折・困難の乗り越え方みたいなものをスタッフに話してくれないかと(自分がやった方が良いんですが(笑))興味を持ったりします。

しかし、例えば元ボクサー・及びアスリートの方ならそれは余り興味深い物ではありません。

逆に言うと元ボクサーの方々や、アスリートの方々からするとそこよりも、現役引退してからのセカンドキャリアの移行の仕方や陥ってしまいがちな落とし穴の話はお役に立てたりします。

これは、今まで社会と隔離されていたフィールドにいて、急に明日から一般社会に放り出されると言うプロセスを踏まない急展開の人生。

この状況は普通のアスリートよりもトップアスリートの方が顕著に表れると思います。

何故なら、応援される、一般の社会の常識で働かない、動いてない、社会との繋がりはスポーツ選手として繋がるのでリアルが現実が見えずらい。

この状態から、引退がその日に来る。(準備もなく、その日に来ることもあります。)

僕がそうでした(網膜剥離でライセンス剥奪)

そう言った点においては、アスリートに対しては引退してからの失敗談や、陥ってしまう傾向なんかもお伝えできますし、その解決方法もお伝え出来ます。

同じ、アスリート・ボクシングの体験談であっても、切り口を変える事で全く違う人種・職種のお役に立つことができる。

ですから、僕は一つの物を見る時に、沢山の切り口も持つ事を心掛けています。

今回は『アスリートからの経験』と言う題材で

『現役中』『引退後』と言う時間で考えた二つの切り口で、二つの求められる層へのニーズに気づくことが出来ました。

その他『アスリートからの経験』と言う題材で

『男性』『女性』性別で切ってみる

『国内』『国外』場所で切ってみる

等々、切り口を変えていく事で沢山の事に気づけるようになっていきますよ。

皆さんも、やってみて下さい。思わぬことに気づけるかもしれませんよ(^^♪

今日も、読んでくださりありがとうございます。

電話相談開始いたしました
プラン1:月2回40分 電話相談/小縣新の人生相談・商売・コンサル・経営
プラン2:回数無制限  電話相談/小縣新の人生相談・商売・コンサル・経営
~こんな方に~
悩みや相談があるが、予算が限られている、地道に勉強してしっかりと結果を出していきたい。毎月、
困りごとや悩み、改善点を伺いアドバイスさせていただきます。
・起業したい
・商売の悩みを抱えている
・人間関係の問題等々

まずは、気軽にメッセージ下さい(^^♪