宗教にハマりそうな所を長渕剛に助けられた!! 件
13年前ボクシングタイトルマッチ直前で網膜剥離を患い引退した事を
思い出す。
 
引退してから直ぐに東京に上京した僕は役者になろう!
 
もう一度熱くなれる事を探し
 
迷い。
 
彷徨い。
 
 
そして。
 
腐っていた
人生でトップ3に入る糞カッコ悪い自分だった
 
 
当時はそう思っていなかったが
 
誰からも認められない。誰からも必要とされない。
皆が、自分を馬鹿にしているように思う
 
劣等感で一杯だった。俺はこんなもんじゃない。お前らとは違う。
 
 
ボクシングなら自分を必要としてくれる。
  
 
ボクシングなら自分の居場所を作ることが出来る。
 
引退当時役者になろう!
とボクシングの代わりになる物を求め東京にでた僕は、全くその世界に
熱くなれないでいた。
  
直ぐに結果を求め。
 
自分を認めない物を否定し現実を直視できない
 
お前らとは違うと負け惜しみにも思える心の叫びで支配されていた。
 
よし!アメリカだ!!
 
ボクシングか役者か熱くなる方を確かめに行こう!!
 
心が揺さぶられる方を本気でやろう!(日本では網膜剥離になると復帰できないので)
 
 
 
すぐさま友達に30万借りてアメリカ行きを決めて渡米
 
 
まずは、ニューヨークに行き本場の
ブロードウェイを見て!!
役者魂を確かめよう!!っと思い。
 
目の前まで来ました!ニューヨークブロードウェイ!
 
読めない英語をDSの『旅の何とか』ってソフトで訳しながら飛行機に10時間近く乗り(確か!)
 
バスに乗りやっとの思いでたどり着いたブロードウェイ!
 
 
確か入場料
140ドル位だったと思いますが。
 
高いな。
 
待ち時間2時間
 
待ちたくなくない。。。
 
観るのを辞めました。その為にニューヨークに来たのに!
 
しかし、気分は既にボクシングカムバックになっていたので仕方がありません!
 
 
すぐさま、ロスに移り
(飛行機で6時間)
 
ボクシングジムへ
 
数日ボクシングジムに通いマルケスや世界ランカーと同じ空間で練習をさせて頂きましたが 
 
何かがおかしい。何日通っても、本場のボクシングを目の当たりにしても
 
 
結局、心がもう一度熱くなる事はありませんでした。
 
そうなんです。
 
僕の心の火はとっくに消えていたことに、気づいてしまったんですきました。
 
放心状態とはまさにこの事
 
 
いよいよ心の、支えであるボクシングも本格的になくなり、ロスのサンタモニカ
を死んだ魚の目で歩いていると歩いていると。
  
  
【貴方はメシアを信じますか?】
  
 
と言う日本語で書かれた紙を持った『文太郎』と言う男が現れました。
 
今考えると怪しすぎる笑
 
『一緒に世界を救いませんか?』文太郎はそう言って来た。
 
当時、飯屋は知っているがメシアの意味は全く分からなかったけど
 
やる事も無くなったし。世界チャンピオンになりたっかったし
 
世界を救うって『世界』ってついてるし、世界を救うのもありかなと思い
 
 
 
ホテルを解約して、連れて行かれるがまま文太郎とその仲間の場所に行き
 
やばいですよね~(笑)
 
 
ヘッドホン越しに宗教の話を聴き
(内容は全部忘れましたが。)
 
夜は世界平和の話をする。そして、数日間浸食を共にしました。
 
  
 
いよいよ、帰る日が近づいてきたその日に文太郎が
 
『新、帰るな!一緒に世界を救おう!!』
 
誰からも必要とされることの無くなった僕は正直世界も救えるし良いかなって
思ったんです。
 
心が動きかけたその時長渕剛のCD『JAPAN』が部屋に落ちていました。
 
『おーー!!文太郎も長渕好きなんか!!』
 
『おーー!!新も長渕好きなんか!!』
 
・・・
 
ところで給料いくら貰えんの?
 
給料は出ないよでも、月に2000円位お小遣いが貰える。
 
・・・
 
長渕のCD買うのに2か月かかるじゃん。
 
うん。
 
俺、無理。日本帰る。
 
文太郎は寂しそうにしていましたが、今でも数年に1度世界を救おうとお誘いがあります。
 
何が言いたいかと言うと、問題の答えはアメリカにも宗教にも長渕のCDの中にもなく
自分自身の中にあると言う事です♬
 
 
引退して13年後から気づいた事があります。
 
 
もう一度やりたいと思っていた本来愛するべきボクシングは
『現実社会から逃げていただけ』
だと言う事。
 
『現実を直視できないでいるだけだと言う事』
 
 
こんなもんじゃない。こんなもんじゃない。
 
 
いつも、今を受け止められなかった僕は所詮こんなもんだったって事。
 
その現実を止めてからがセカンドキャリアであり次に進める秘訣だと思います。
 
 
引退後辛くて大嫌いになったボクシングは一周してもう一度大好きになる事ができました。
 
 
 
PS
誤解を招くかもしれませんが、文太郎はとっても良い奴で大好きな奴でした!
 
めちゃくちゃ気持ちいい!サンタモニカの気候を思い出
しました。
勉強会やります。